経口避妊薬による避妊の仕組み

経口避妊薬とは、毎日口から飲むことによって避妊効果を発揮する医薬品のことで、医療機関などでは英語の頭文字をとった略称の「OC」と呼ばれることもあります。
従来から存在していた類似の医薬品は「高用量ピル」と呼ばれていますが、有効成分が多く含まれ、効き目が顕著である分だけ、副作用のおそれも大きかったことから、現在の経口避妊薬では、体調に大きな影響を与えない程度の分量に抑えられています。そのことから、従来の医薬品との対比において、一般には「低用量ピル」の名で知られています。
こうした経口避妊薬のなかには、女性ホルモンである卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2つと同じはたらきをする成分が含まれており、毎日決まった時間に規則正しく飲み続けることによって効果が発揮されるようになっています。
これらの成分が避妊に効果をもたらす仕組みとしては、まず排卵の抑制が挙げられます。女性の脳内の視床下部からは、排卵を促すホルモンが分泌されますが、その分泌を抑制することによって、排卵が起こらなくなり、妊娠することを防ぎます。
また、子宮内での着床を阻止するというはたらきもあります。女性の子宮内部では、一定の周期で子宮内膜がしだいに厚くなり、受精卵が着床するのを待ち受けています。もし時間がたっても着床・妊娠しなかった場合に、不必要となった子宮内膜が剥がれ落ちるのが生理という現象です。経口避妊薬をすると、この子宮内膜が厚くなることがなくなるため、万が一排卵があったとしても着床せずに、妊娠は成立しなくなります。
このように、排卵の抑制と子宮内膜への着床の阻止というダブルのはたらきによって、女性の望まない妊娠を防ぐようにするのが、経口避妊薬の大まかな仕組みとなっています。