経口避妊薬と避妊具の使用方法と効果の違いを知ろう

日本で行われている避妊方法として避妊手術を受ける、低用量ピル等の経口避妊薬の服用、子宮内に避妊具をいれる等の方法があります。妊娠を希望する可能性がある場合は避妊手術以外の方法を選ぶことになります。避妊を検討している女性のために経口避妊薬と子宮内に避妊具を入れる方法の違いと効果について説明していきます。経口避妊薬は錠剤を毎日1錠ずつ決まった時間に飲むことが必要です。2日以上飲み忘れると避妊効果が減少するので、飲み忘れないようにすることが大切です。妊娠を希望した時には薬の服用を止めるだけで妊娠が可能となります。経口避妊薬には女性ホルモンが含まれており、排卵を怒らなくしたり、受精卵が子宮内膜に着床しないようにする働きがあるので避妊成功率は約100%といわれています。経口避妊薬には避妊効果以外にも様々な効果があります。生理痛や過剰に出る出血量を減少させたり、規則正しく薬を飲むことで乱れた生理周期を整えます。子宮内膜症、子宮体がん等の病気の予防にも使われています。また、薬に含まれている女性ホルモンは更年期障害や骨粗しょう症、ニキビの症状を改善します。経口避妊薬には太ったり、不妊になるといった副作用があると心配する方がいますが、そのようなことはありません。子宮内に避妊具を入れる方法は、避妊具が受精卵の着床を防止するものです。妊娠を希望する場合は、病院で避妊具を取り出してもらう必要があります。1度避妊具を子宮内にいれてしまえば避妊効果は5年程度持続しますが、有効期間が過ぎた場合は取り替える必要があります。避妊成功率は経口避妊薬ほどではありませんが、高い確率で避妊することができます。避妊具は出産経験が無い女性には使うことが難しいといわれています。経口避妊薬と避妊具には使用方法や効果の違いがありますのでよく考えた上で使うようにしましょう。