Archive for 4月, 2015

女性ホルモンの低下で起こる悩み

卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる2つの女性ホルモンは、女性がスムーズに妊娠するために大切な役割を果たしていますが、加齢とともに体内から分泌されなくなり、やがて生理が止まり、永久に妊娠ができなくなる閉経が訪れます。人による違いはあるものの、普通は40代から50代あたりでこの閉経を迎えることになります。
こうして女性ホルモンが低下する段階で起きるのが、いわゆる更年期障害という一連の症状です。更年期障害は全身にわたって生じますが、自律神経系でいえば、体のほてりや寝汗、動悸、めまい、耳鳴り、下半身の冷えなどがあります。精神症状としては、イライラや憂鬱感の高まり、気力の減退、不眠などがあります。ほかにも肩こりや筋肉痛などの症状に悩むこともあります。完全に閉経してしまうと、やはりホルモン量の低下が引き金となって、骨粗しょう症、高脂血症、動脈硬化、腹圧性尿失禁などの病気が起こりやすくなるともいわれています。
こうした女性ホルモンの低下によるさまざまな症状に対しては、ホルモン補充療法が有効な場合が多くみられます。ホルモン補充療法は、その名のとおり体内で分泌されなくなった女性ホルモンを外部から補充しようとするもので、そのために低用量経口避妊薬などが処方されることがあります。経口避妊薬は有効成分である女性ホルモンの作用によって避妊効果を得るものですが、実はこうしたホルモンバランスの調整のためにも利用することができるのです。
近年では若年性更年期障害といって、会社でのストレスや無理なダイエットなどによって体内の自然なホルモンバランスを崩してしまった20代や30代の若い世代が、更年期と同様の症状を訴えて病院を受診することがあります。こうしたケースでも、経口避妊薬を服用することによりホルモンバランスが改善され、症状が軽快することが多いようです。

女性ホルモンが低下しやすい年齢

女性ホルモン、なかでも卵胞ホルモンと呼ばれているホルモンは、初潮がはじまる思春期のころから少しずつ分泌されるようになり、それにともなって次第に丸みを帯びた女性らしい体つきに変化します。
こうした女性ホルモンが分泌されなくなって、いままでは周期的に起きていた生理もみられなくなる現象が閉経であり、その前後の5年間程度、年齢でいうと45歳から55歳あたりまでを更年期と称しています。
このあたりは女性ホルモンが低下しはじめる切り替わりの時期ですので、体内のホルモンバランスの変化にともなう不快な症状が起きやすくなります。これを更年期障害と一括して呼んでいますが、症状はひじょうに幅広く、また個人差も大きなものです。
主な症状としては、体がほてったり、逆に冷たくなったりといったもののほか、頭痛や腹痛、むくみ、肌荒れ、肩こり、めまいなどといったものが知られています。肉体面だけではなく、精神的な症状をともなうことも多く、不安や憂鬱、いらいら、怒りっぽさ、気力の低下などが現れることもあります。
こうした症状は、女性ホルモンの低下に原因がありますので、女性ホルモンを含有した経口避妊薬を服用することも対策としては有効で、すでに多くの医療機関で処方され、実績を上げています。
また、更年期障害が起きやすい時期は45歳から55歳あたりというのが一般的ですが、ストレス社会と呼ばれる現代では、若い人でも体内のホルモンバランスが崩れやすい環境にあり、妊娠可能な20代後半から30代といった世代でも、更年期障害と同様の症状がみられることがあります。
これを若年性更年期障害と呼びますが、こちらも通常の更年期障害と同様に、経口避妊薬の服用で回復するケースが多いため、本来の避妊以外の目的でも経口避妊薬が処方されます。