Archive for 10月, 2015

経口避妊薬や妊娠中絶薬で生理痛が激しくなることはある?

生理痛は女性にとって強い苦痛を伴うことがあります。
人によって生理痛の程度には差があるうえ、あくまでも痛みは主観的な感覚ですから完全に比較をすることはできませんが、生理を迎える度に鎮痛剤を飲まなくては耐えられないというのであれば、それはかなり酷いケースだとして考えて良いでしょう。
生理痛にはさまざまなことが関係をしてきますが、現代では時折、服用する医薬品によって痛みが増しているのではと思えるケースもあります。
では現在女性によく使用されている経口避妊薬、ピルで生理痛が強くなることはあるのかというと、これは基本的に無いと考えて良いでしょう。
経口避妊薬は女性ホルモンを配合した医薬品であり、これを利用することで疑似的に妊娠状態の体を作ることができます。
そこで発生する生理はかなり軽いものになりますから、生理痛があり、かつ妊娠を予定していない人であれば計画的に経口避妊薬を服用すればかなり生理痛を軽減できることになるでしょう。
また本来日本国内では使えないものの一部では使用者がいる妊娠中絶薬ですが、この妊娠中絶薬を使用した場合については生理痛がその後ひどくなることがあり得ます。
例えば妊娠中絶薬を使用したことで「自分は中絶をした」という思いを抱くようになり、それでホルモンバランスが崩れて生理痛が激しくなるということは珍しくないのです。
これは何も妊娠中絶薬に限った話では無く、病院で正しい方法による中絶をした場合でもあり得るケースですから、日本国内で認可されていない妊娠中絶薬を使ったというのであれば、そのリスクは大きいと言えます。
現在の日本では体に対して強い影響を与える医薬品の使用に関しては医師の指導が必要となっています。
そのためもし医薬品の服用によって何かしらの副作用を感じたというのであれば、それを処方した医師に相談をしてみるようにしましょう。